通話主体でおすすめする格安SIMは何か?私はこの2つをおすすめします。

格安SIMでも電話を多いたいと思って探している方も多いと思います。そんな貴方にオススメする格安SIMは以下の二つになります。

通話でおすすめ格安SIM

この二つをオススメする理由の前提として格安SIMには音声通話方式の違いがあります。

当サイトおすすめの格安SIM!

UQモバイル‐auサブブランド少し割高ですが速度断トツ、話し放題プランあり。通話も通常の通話でauから乗り換えの方におすすめ。

ワイモバイル‐softbankサブブランドで速度も安定して早く、話し放題プランあり、通話も通常通話でおすすめ。softbankからの乗り換えの場合は割引が少ないのでau、docomoから乗り換えをおすすめ。

音声通話方式による違い

おすすめふたつに関しては各ブランドの項目を見てもらうとして、電話通話する方式は 回線交換方式、プリフィックス、IP電話 と3つの方式があります。

まずは、音声通話の方式の違いを知ってもらってその上でこの二つをなぜオススメするかを理解してもらえたらと思います。

普通の音声通話

いわゆるキャリア(docomo、au、softbank)で用いられる一般的な音声通話の事です。1対1で回線を占有して通話を行うため、クリアな音質での通話が行われる一方比較的通話料金が高くなってしまいます。

格安SIM(MVNO)ではキャリアの回線を借りて行っているので、通話料金が高くなると格安SIMのメリットを潰してしまうため、採用している格安SIMは比較的少ないです。

プレフィックス

格安SIMで主流な通話方式がプレフィックス方式です。格安SIMに合わせた通話アプリがあり、それを利用する事で通話料が概ね半額に抑えられています。

仕組みとしては格安SIM側が中継機器を用意することによって料金を抑えています。

キャリアの音声通話を木の幹とすると枝を用意したようなイメージになります。。

アプリが行っている事は相手の電話番号の頭に格安SIM指定の番号(プレフィックス)を付けて電話を掛けています。

プレフィックスで枝を指定して、そこを通る感じですね。

通話音質も普通の音声通話と変わる事はないですが、デメリットとしてはiPhoneではアプリが通話履歴を取得する事が出来ないため、アプリで掛け返しをするのが大変不便になります。

格安SIMを使うならAndroidと言われるのは、端末価格の他に通話が不便な点も挙げられます。

IP電話

データ通信を用いて通話を行います。

データ通信の状況によって音質が変化するため、大事な通話などには向かないかも。

掛ける側としても受ける側としてもデータ通信量も1分間で約250kb使用するので、調子に乗って使っているとパケ死をしかねません。

安いのだけが取り柄という印象です。

通話方式まとめ

Androidを使用しているのであればプレフィックス方式で良いでしょう。iPhoneを使うのであれば通常の通話方式のものを選ぶのが良いと思います。日本におけるiPhoneの使用率は5割前後なので該当する方も多いとおもいます。

通話主体利用でおすすめの格安SIMは

iPhoneを利用している方には通常の通話方式を採用している格安SIMをおすすめします。その中でも話したい放題のお得なプラン(多くは1回あたり〇分まで、回数無制限)のある格安SIMの以下をおすすめします。

通話おすすめ格安SIM1:UQモバイル

UQモバイルはauのサブブランドになります。データ通信の速度が常に再上位にあり、その上で通常の音声通話方式を採用しているので、おすすめしています。

新しく通話し放題プランも始まり、より使いやすくなっています。

UQモバイルプランはこちら
プラン通信容量月額料金
スマホプランS3GB1,980円
スマホプランM9GB2,980円
スマホプランL14GB3,980円
通話オプション
通話オプション通信容量月額料金
国内通話かけ放題かけ放題+1,700円
国内通話10分かけ放題10分間かけ放題+700円
通話パック60分定額+500円

国内通話かけ放題

国内通話かけ放題は24時間いつでも国内通話がかけ放題になります。オプション料は表の通り月額+1700円で利用できます。10分じゃすまない通話が多かったりする場合は特におすすめできます。

国内通話10分かけ放題

国内通話10分間かけ放題は、一回あたり10分間までが無料になるオプションです。

月額+700円でこれが使えるとかなり便利です。短めの通話が多い方におすすめですね。

個人的には一番おすすめです。

通話パック(60分)

通話パックは個人的にはあまり響きませんが、60分まで500円で通話が利用できます。

それぞれキャンペーンや家族割、学生割を駆使すればより安く利用できるのでお得ですが、個人的にはスマホプランSに国内通話10分かけ放題が一番おすすめのプラン選択ですね。

通話おすすめ格安SIM2:ワイモバイル

こちらもソフトバンクのサブブランドでPHSを扱っていた元ウィルコムのワイモバイル

正確には格安SIMではありませんが、3大キャリアに比べて安く、データ通信も比較して安定して早いのでデータメインとしてもオススメです。

通話利用としては10分間まで通話料無料が無制限回数となっていて、短い通話を複数回掛ける用途に最適です。多くの通話プランが1回あたり5分間が無料のところワイモバイルは10分間なので使い勝手も良好です。

低価格なプランの「スマホベーシックプランS(3GB)」でもキャンペーン等なしで2,680円となってます。

格安SIMとして考えた場合は少々高く感じますが、通話主体でデータ通信も安定して速度が出ると考えると、オススメ出来るプランになります。

プレフィックス等も必要なくiPhoneでも履歴からそのまま掛け返しが出来るため、不便を感じる事もありません。

ワイモバイルプランはこちら
プラン通信容量月額料金
スマホベーシックS3GB2,680円
スマホベーシックM9GB3,680円
スマホベーシックR14GB4,680円

家族割や家のインターネットで SoftBank 光またはSoftBank Air を使っている場合や、キャンペーン等を利用すればもっと安く使えるので、公式サイトのキャンペーンをチェックして賢く利用してみてください。

通話重視におけるおすすめ格安SIMまとめ

通話し放題を選ぶのであればUQモバイル、10分間のプランであれば両方料金も差が無いのでお家のインターネットがsoftbank光やsoftbank Airの場合はワイモバイルがおすすめです。

Yahooショッピング等のYahooのサービス沢山利用する方もワイモバイルのほうがいいですね。

どちらにも該当しない場合(お家のインターネットがNTT系列だったりの場合)は個人的にはUQモバイルが良いかなと思います。UQモバイルの通信速度はほとんどの時間帯で最上位にあるので。

家族割や学生割やキャンペーンなどが行われているのでそれぞれの公式ページで確認して自分に合わせて選ぶと良いでしょう。

格安SIM総合ページへ

タイトルとURLをコピーしました