格安SIMでも動画やSNSの使い放題が利用できるプラン3選

格安SIMを利用しようとする人の多くは動画やSNSを使いますよね。3大キャリア(docomo、au、softbank)でもあるような動画やSNS使いたい放題に準じたプランがあるか調べてみました。

当サイトおすすめの格安SIM!

UQモバイル‐auサブブランド少し割高ですが速度断トツ、話し放題プランあり。通話も通常の通話でauから乗り換えの方におすすめ。

ワイモバイル‐softbankサブブランドで速度も安定して早く、話し放題プランあり、通話も通常通話でおすすめ。softbankからの乗り換えの場合は割引が少ないのでau、docomoから乗り換えをおすすめ。

BIGLOBEモバイル(エンタメフリー・オプション)

BIGLOBEモバイル には指定の動画サービスやSNSの高速通信パケットを使用せずに利用できるオプションがあります。

音声通話SIMでは480円/月(税抜)、データ通信SIMでは980円/月(税抜)で利用する事ができます。

対象となるサービスは以下になっております(一部制限があります)

動画(視聴のみ)

動画サービスのうちでフリーの対象になるものは以下になります。

  • Youtube
  • AmebaTV
  • U-NEXT
  • Youtube Kids

「Youtubeの動画アップロード」、「U-NEXTのビデオのダウンロード機能」が対象外になります。Youtube閲覧が多めな方にはエンタメフリーオプションはよいオプションになると思います。

音楽を楽しむ

移動中、特に通勤中に音楽を楽しむ人も多いと思います。近年はストリーミングサービスやサブスクリプションで色々な音楽が楽しめるので、対象のサービスをすでに利用している方はおすすめですね。

  • Google Play Music
  • Youtube Music
  • Apple Music
  • Spotify
  • AWA
  • Amazon Music
  • LINE MUSIC
  • dヒッツ
  • RecMusic
  • 楽天ミュージック

個人的にはおおむね使う音楽サービスがサポートされているので音声通話SIMに+480円/月額で利用できるなら、かなり有りなプランだと思いますね。

なお、「Apple Musicのビデオ再生」、「Spotifyのポッドキャストの通信」、「Amazon Musicのブラウザ上での再生」、「LINEミュージックのダウンロード機能、動画再生」、「dヒッツのdミュージックで購入した楽曲のダウンロード」、「RecMusicの動画の視聴」はエンタメフリーの対象外となってます。

普通に使う分にはBIGLOBEモバイル のエンタメフリープランで問題なさそうですね。

インターネットラジオの視聴

エンタメフリープランではインターネットラジオの視聴も対象となっております。対象となるサービスは2つですが、作業時などにあると便利ですよね。

  • radiko
  • らじる★らじる

らじる★らじるというインターネットラジオは今回初めて知りましたが、NHKラジオのアプリなんですね。一般的なラジオを持ってなくて災害時などにあると便利かも知れませんね。

BIGLOBEモバイル「エンタメフリーオプション」のまとめ

格安SIMとしての料金もいわゆる一般的な料金帯で、お昼以外は安定的に早い(多くの格安SIMはお昼が遅い)ので、お昼休みにあまり使わない方で、通勤が長い方にはBIGLOBEモバイル 「エンタメフリーオプション」は大変おすすめですね。

今なら6か月エンタメフリーオプションが無料で利用できるのでチャンスです。

BIGLOBEモバイル音声基本プラン
プラン高速通信容量月額料金(税抜)
1ギガ音声スタートプラン1GB1,400円
3ギガプラン3GB1,600円
6ギガプラン6GB2,150円
12ギガプラン12GB3,400円
20ギガプラン20GB5,200円
30ギガプラン30GB7,450円
データ追加チャージ+100MBごとに300円

上記プランに+480円/月(税抜)でエンタメフリープランが使えます。

私の使い方であれば3GBのプランにエンタメフリーオプションを付けるのが一番よさそうです。

docomoとauのスマホ端末であればそのまま利用できるので、両キャリアの人におすすめします。

楽天モバイル スーパーホーダイのプランS(無制限)

注意

2020年3月3日にの発表があり、楽天モバイルは格安SIM(MVNO)からキャリア(MNO)へ移行する事になり、2020年4月7日までしかこのプランへは加入できません。

くわしくは楽天モバイル 公式でご確認ください。

月額2980円(税抜)と高く感じますが、2GBの高速通信パケットを使い切っても、低下した通信速度が1Mbpsと動画・SNSなどを用いてもストレスのない程度の速度で利用できます。

なお、スーパーホーダイは通話も10分以内であれば、通話料なしで音声通話を利用する事ができるので、比較的短い音声通話をする方におすすめですね。

楽天会員の人が加入する場合は1年間は月額1480円で利用する事ができます。

さらにダイヤモンド会員であれば12ヵ月間さらに500円オトクで、月額980円で利用することもでき、貯めた楽天ポイントで支払いも出来るため頻繁に楽天でお買い物をする方には楽天モバイル の「スーパーホーダイ」は大変おすすめのプランになります。

楽天モバイル「スーパーホーダイ」プランまとめ
楽天モバイルスーパーホーダイプラン
高速通信パケット2GB
低速時1Mbps
通話国内10分間通話料なし
料金通常月額2,980円
楽天会員月額1,480円(1年間)
ダイヤモンド会員月額980円(会員時12ヵ月分)

いわゆる楽天経済圏で生きている人に超おすすめの楽天モバイル 「スーパーホーダイ Sプラン」、SNS・動画フリーのプランという訳ではないですが、低速でも1Mbpsで使えるという事で実質SNS・動画フリーのようなモノ。

1Mbpsあれば、ビデオ通話やゲーム、動画でもストレスなく使用する事ができそうです。

通常料金でも10分間無制限の通話プランが付いていると考えると比較てお得です。

LINEモバイル データフリー

LINEモバイルにはSNSや音楽サービスで高速通信パケットを使用しないデータフリープランがあります。

プランは3種類あり、基本に含まれている「LINEデータフリー」の他、「SNSデータフリープラン」、「SNS音楽フリープラン」があります。

LINEデータフリー(基本プラン込み)

基本料金に含まれていて、LINEの関連会社であるLINEモバイルならではのプラン。

LINEのデータ通信時に高速通信パケットを消費しません。LINEを使いまくる人は、まずLINEモバイルでしょう。という感じ。

LINEのデータ通信時とは言え、一部例外があるので注意してください。対象、非対象は以下のようになってます。

基本的には当たり前ですがLINE外へ接続するものが対象外のようですね。

データフリーの対象・非対象に関してはこのページの末のほうを見て頂くか、LINEモバイル公式で確認してくださいね。

SNSデータフリー(月額+280円)

SNSデータフリープランでは、基本のLINEに加え、TwitterとFacebookに関してもデータ通信量がゼロになります。

SNSデータフリー対象サービス
  • LINE
  • Twitter
  • Facebook

個人的にはInstagramがここに含まれていないのが残念ですが、Twitterのヘビーユーザーには月額+280円でデータ通信が軽減されるとなれば結構オトクなのではないでしょうか。

対象サービスの中でも非対象になるデータ通信もあるので、SNSデータフリーの対象・非対象の情報に関してはこのページのLINEモバイルデータフリープラン対象情報の部分を見てくださいね。

最新情報に関してはLINEモバイル公式も合わせて確認してください。

SNS音楽データフリー(月額+480円)

SNSデータフリーに加えて、Instagram、LINE MUSIC利用時のデータ通信量がゼロになります。

Instagramを使うかどうかでSNSデータフリープランにするか悩むところですね。

LINE MUSICを利用している場合はデータ通信量も馬鹿にならないのでぜひ入るのがいいと思います。

LINEモバイルデータフリープラン対象情報

LINE

LINEに関しては一般的なトークと通話周りが対象なので良い感じです。

LINE:データフリー対象
  • 「トーク」での送受信(テキスト・音声メッセージ・スタンプ・動画等)
  • 音声通話・ビデオ通話
  • タイムラインでの投稿・カメラ・リレーの利用、閲覧
  • 友達の閲覧、友達の追加
  • 「ニュース」トップ・カテゴリの閲覧
  • 「ウォレット」トップの閲覧
  • スタンプ・着せ替えのダウンロード
  • アカウント設定
LINE:データフリー対象外
  • 外部リンクへの接続
  • グループ内Liveの利用
  • 「ニュース」詳細の閲覧
  • スタンプショップの利用
  • 着せ替えショップの利用
  • LINE Payの利用
  • オープンチャットの利用
  • LINEが提供する他サービスの利用

Twitter

Twitterもツイートを見る・投稿する分には悪くないですね。

Twitter:データフリー対象
  • ツイートの投稿と閲覧
  • トレンド・モーメント・通知・メッセージの利用
  • プロフィール・設定とプライバシーの編集
  • ウェブブラウザでの利用
Twitter:データフリー対象外
  • 外部リンクへの接続
  • ツイート内のYoutube等動画サイトの閲覧
  • 公式アプリ以外の利用
  • ライブ動画(Periscope)の配信、閲覧

Facebook

Facebookも動画やMessengerを使わなければ問題はなさそうですね。

Facebook:データフリー対象
  • フィードの閲覧、投稿(画像・動画含む)
  • リクエスト・お知らせ・その他の閲覧利用
  • プロフィール・設定とプライバシーの閲覧、編集
  • ウェブブラウザでの利用
Facebook:データフリー対象外
  • 外部リンクへの接続
  • 投稿に含まれるYoutube等の動画サイトの閲覧
  • ライブ動画の配信、閲覧
  • Messengerの利用

Instagram

基本的にライブ配信を使わないのであればSNS音楽プランをおすすめ出来る感じですね。

Instagram:データフリー対象
  • タイムラインの閲覧、投稿(画像・動画含む)
  • ストーリーズの閲覧、投稿
  • 検索の利用(画像・動画含む)
  • アクティビティの利用
  • メッセージの利用
  • プロフィールの閲覧、編集
  • ウェブブラウザでの利用
Instagram:データフリー対象外
  • 外部リンクへの接続
  • ライブ動画の配信、閲覧

LINE MUSIC

MV(ミュージックビデオ)さえ沢山利用しなければかなり使い勝手がよさそうです。

LINE MUSIC:データフリー対象
  • ホーム・カテゴリ・検索・マイミュージックの利用
  • 音楽・音声の視聴
  • オフライン再生のための音源保存(楽曲のダウンロード)
LINE MUSIC:データフリー対象外
  • ミュージックビデオの再生

SNS・動画フリープランに関するまとめ

個人的にはSNS動画フリープランだとBIGLOBEモバイル が充実していて良い感じに見えます。

LINE MUSICを使っているのであればLINEモバイルもおすすめ。

せっかく格安SIMを使うのであれば、自分の用途に応じて賢く選択してくださいね。

格安SIM総合ページへ

タイトルとURLをコピーしました