iPhoneと格安SIMで通話を利用する人にオススメするのはプレフィックスが不要なUQmobileかワイモバイルの2択。そのうちでも特におすすめはこちら!

すでにiPhoneで格安SIMをお使いの方はご存知かもしれませんが、基本的に通話料はどの格安SIMでも概ね「20円/30秒」となっています。

その上で、通話料の割引サービス等を使って半額になったりしているのですが、サービスを受けるためにはアプリを経由して電話の発信を行う必要がありますよね。

iPhone上のアプリで通話するときに不便なのが、着信履歴から掛け返す時です。

iPhoneのアプリは着信履歴を取得できないため、着信履歴からでは通常の通話料で通話しなくてはなりません。

せっかく安くiPhoneを利用しようというのに、通話料が高くついては元も子もありませんよね。

そんな時にオススメするのが、ワイモバイルUQモバイルの二つです。

iPhoneで便利に安く通話するには

先程も書いたようにiPhoneでは着信履歴がアプリに開放されていません。

そのため、折り返し時などに割引サービスを利用する事ができません。

ところで、格安SIMアプリがどうやって通話の割引サービスを利用させているかというと、プレフィックスという仕組みを使っています。

具体的には電話番号の前に例えばiijmioであれば「0037691」を付けて発信することで割引サービスを適用しているのです。

この電話番号前の数列をプレフィックスといい、格安SIMの通信業者を識別しているのです。

ここでオススメしているワイモバイルUQモバイルに関して言えば、プレフィックスを使わずとも割引サービスを利用する事が出来るのです。

おすすめする格安SIM2ブランドは?

ワイモバイルUQモバイルともに格安SIMというより、Softbankやauのサブブランドという位置づけになります。

格安SIMの中では基本料金が少し高くなりますが、ワイモバイルUQモバイルもその分速度が速くなっています。

個人的使用感ですが、ワイモバイルに関しては、Softbankの不安定さの影響を受けるのか若干遅い日や場所があったりします。

ちなみに自分は仕事でワイモバイル、プライベートでUQモバイルが1本とデータSIMでiijmioを利用しています。

公式をチェック

ワイモバイルの料金と特徴

ワイモバイルはSoftbankのサブブランドになります。元々はイーモバイルとしてPHSの通信会社でしたが、Softbank傘下に入り現在はSoftbank回線をバックボーンとして利用した実質的格安SIMの運営会社となってます。

基本料金は一般的な格安SIMより高いですが、元から10分以内の電話かけ放題が含まれているので、トータルで見ると便利です。iPhoneで通話する事を考えるとプレフィックスを必要としないワイモバイルは便利です。

通信も比較的速いのが特徴です。Softbankの端末がそのまま使えるのでSoftbankから乗り換えを考えている人に特におすすめです。

ギガが無くなってもスマホベーシックプランMでは1Mbpsの通信速度でネットが出来るのも大きなポイントになりますね。

料金プラン
 プランSプランMプランR
通話10分以内の通話無制限
データ通信量3GB10GB14GB
月額料金2,680円3,680円4,680円

執筆時のデータであり、最新のプラン情報はワイモバイル公式をご確認ください。

UQモバイルの料金と特徴

UQモバイルはauのサブブランドです。正確には格安SIMとは言えませんが、それに準じた料金形態となっています。

基本料金は多くの格安SIMより500円程度高くはなっています。その分データ通信の速度が高いレベルで安定しています。

auのサブブランドだからこそのバックボーンと安定感です。

ちなみに常時トップ5に居るのはUQモバイルの他に1つあるかどうかです。

auのスマホをそのまま利用できるのでauから格安SIMに乗り換えを考えている方におすすめです。

よくある割引サービスはありませんが、かけ放題オプションがあるので利用するのがおすすめです。

データプラン
 スマホプランSスマホプランR
月額料金1,980円(税抜)2,980円(税抜)
通信容量3GB10GB
通話オプション
 標準かけ放題通話パック
通話プラン従量制10分以内の
通話無制限
60分パック
料金20円/30秒月額700円月額500円

執筆時のデータであり、最新のプラン情報はUQモバイル公式をご確認ください。

おすすめとまとめ

通話用のアプリを利用したり、プレフィックスを入力をしての通話は手間もあり不便です。

iPhoneを使い、通話もそこそこする方にはワイモバイルUQモバイルをぜひおすすめします。

どちらもおすすめですが、自分の利用するシーンを考えた場合、wi-fi圏内にいる事が多いが、出先でのインターネット通信速度も欲しい、通話もそこそこする。と考えるとUQモバイルのスマホプランS+かけ放題で月額1,980円+700円(税抜き)のプラン選択をおすすめします。家の回線がKDDI系列だとよりオススメです。

公式をチェック

おまけ

プレフィックスを利用しないで割引サービスがある格安SIMにはmineoもありますが、今のところプランがそれほどお得でもないので、おすすめはしていません。

速度は速い方なので、docomoから格安SIMにしたい方で速度が必要な方はmineoも検討してみてはいかがでしょうか?

格安SIMに関しての参考

格安SIMの速度に関しては以下のkeisoku.ioさんのmobile測定サイトが便利です。直近の各SIMの接続速度を見る事が出来ます。気になっている格安SIMの速度をチェックしましょう。

全時間帯で5Mbpsを超えているMVNOを選択すればまず間違いないです。

【参考】MVNO速度比較おすすめサイト
公式をチェック
タイトルとURLをコピーしました