若ハゲエリート候補生が薄毛を回復しつつ、ちょっと薄いくらいを維持するために行ったAGA対策を全部書く

どうも薄毛っぽいおじさんです。

ぽいっていうのは元を考えれば大分回復してきたからなんです。

こんなページに来た貴方はすでに薄毛に悩むか、親兄弟等血縁者の状態を見て未来におびえる日々を送る人ですよね?よね?まさか冷やかしとか勘弁な!

そんな貴方に贈る私がやってきたAGA(若ハゲ)対策をお送りします。

貴方の頭皮に(黒々とした)明るい未来がありますように。

私のAGA対策

基本的にストレスや肌疾患による脱毛以外の薄毛は完治しません。継続的な薬物投与によって寛解(AGAに関して言えば、ある程度の回復と維持)を目指すことになります。私の今現在の投薬としてのAGA対策は以下です。

AGA対策投薬の部
  • デュタステリド 0.5mg 夕食後
  • ミノキシジルタブレット 5mg × 朝夕食後2回

初めは不安だったのでクリニックの処方を受けました。1年程度クリニックに通って、回復の見込みを得て安心してから輸入代行に移行しました。

輸入代行は月額でいうと3000円くらいです。通っていたクリニックが月2万円程度していたので、かなりお得ですが正直いきなり行く勇気は自分にはありませんでした。

3000円ならば飲み会を月に一回休んだと思えばどうでしょうか?

今なら新型コロナウイルスで人に会う機会が減っているので、育毛を開始して驚かせるには丁度いい時期なんじゃないでしょうか?

マスクをしているからその間に整形をする。なんて人もいるみたいですしね。

ちなみに投薬なしで他を色々やっても意味ないレベルしか改善しないので、量が少ない形でも投薬を行ってください。

これ絶対。約束だからね!

AGA対策には攻撃系と防御系がある

AGA対策には大きく分けて二つの方向性があり、一つはAGAの侵攻を緩める通称防御系、育毛を助けるいわゆる攻撃系があります。

片方では正直効果は限定的なので、両方を飲むのがよいです。

攻撃系AGA対策はミノキシジル

攻撃系に値するAGA対策で色々試して効果があったのはミノキシジルだけでした。

外用(塗り)のミノキシジルもやってみましたが、肌に合わなかったのか塗ったあとが気になったり、塗った液で少ない髪がヨレヨレになるのが精神的に良くなかったので、半年ほどでミノキシジルタブレットを服用するようになりました。

ミノキシジルタブレットは初め10mg/日で始めましたが、動悸など体調面に軽くですが不安を感じたので5mg/日に減らしました。

その後2.5mgのものに変更しましたが、薄毛の侵攻が再開したため、5mgに戻しました。

その後、薄毛への効果の期待と継続的な肝臓等の身体への負荷を分散するために、5mgを朝食と夕食後に飲むようにして計10mg/日飲んでいます。

ミノキシジルは半減期が短いので血中濃度を安定させるには分散したほうがいいかな?とも思い分けて飲んでいるのもあります。

継続的な習慣をこなすが得意な方は2.5mgを複数回にするとより身体への負荷を下げる事が出来て良いかもしれませんね。

後述する防御系も含めて飲み会などがある場合は夜飲んでいません。

防御系AGA対策はフィナステリドとデュタステリド

防御系にはフィナステリドとデュタステリドと代表的なものがふたつあります。

二つの効果の違いとしてはフィナステリドは頭頂部に効き、デュタステリドは頭頂部と前頭部両方に効くとされています。

それならと両方に効くデュタステリドを服用しています。

効果としては若干デュタステリドが効果を出している気がしますが、どっちも自分にはそれほど違いは分からなかったかなと思います。

個人的おすすめはデュタステリドですが、フィナステリドのほうが情報が多いのでAGA対策が初めての方はフィナステリドで始めてみるのもよいかもしれません。製品名としてはプロペシアが有名です。

どこでAGA治療が出来るの?

はじめてAGAの治療を行うとなると、勇気がいりますよね。知識のない状態ではなおさらです。そういう方は専門のクリニックで治療を受けるのをオススメします。

特に治療開始時に自分の薄毛のタイプを血液検査等で調べてもらい、それに合わせた治療を行うのが結局は一番の近道です。

デメリットとしては高くつくところですが、専門知識をもった方に見てもらう安心感は何者にも代え難い。

しっかりとした効果を感じるまではクリニックで診察してもらっておくのが個人的にはおすすめです。

クリニックで治療を開始する時は遺伝子検査でどのような薄毛タイプになるかという診断をしてくれるところもあります。(AGA対策自体はベース部分は大体どこでもいっしょなんですけど)

クリニック

準備中です。

AGA対策はしたいが費用は抑えたい

そんなわがままな人もいますよね。というか私がそうでした。

クリニックでの受診料も馬鹿にならないので、なんとかならないかな?と思ったところ、輸入代行でジェネリックを買えるので、それであれば月3,000円程度の負担で薄毛対策を行えます。

ただしビックリするくらい自己責任ですので、自分の身体に合わせた摂取の判断は慎重に行ってください。

安心を買うという意味ではクリニックも高くはありませんね。

クリニック

準備中です。

食べ物・サプリで育毛を促進する

青魚由来のEPA、DHAを摂る

マルチビタミン

気になる情報「蟹由来のキチンナノファイバー」

血行を改善する行動でAGAに対抗していく

基本姿勢

マッサージ

ラジオ体操

四股スクワット

薄毛の髪型を考える

ハゲの履歴とどのくらい回復したの?

まとめ

タイトルとURLをコピーしました