アホのおっさんが深く考えず、安倍内閣の消費税増税に対して提言する

ツイッターで#会いに行ける国難とかいうハッシュタグが流れてきて、口に含んでいたお茶を吹き出しそうになりました。

政治の世界では色々どたばたしているみたいですね。

セメントいて!とかね。

そろそろさすがに今回の2019年10月の10%への消費税増税は避けられそうにないですね。

アベノミクスで経済成長!経済回復!雇用状況の改善!なんていってますが、厚労省のデータ不正で給与関連も実質賃金がマイナスのようですね。

この上で、消費税増税を本当にしてもいいんでしょうかね。

  • 1989年の3%
  • 1997年の5%
  • 2014年の8%

消費税付与および増税のたびに、経済が落ち込んでいるのは自明で、消費税で増えても経済の失速により税収が落ち込んでは意味がないと思うところ。

次の記事が消費税増税の経済への影響が分かりやすいですね。

そこでアホの提言

消費税10%に増税するのは不可避。

それは仕方ない。

じゃあこうしましょう。

消費税増税と同時に時限立法で消費税を0%にしてしまいましょう。

5年間くらいの設定で。それで経済、税収が改善しないならおとなしく10%にしましょう。

0%にしたことで改善したのであれば時限立法を延長しましょう。

財務省とかは猛反対するでしょうけど。

変な軽減税率で社会システムを複雑にするよりよっぽど単純。

あ、ちなみに自分は消極的自民党支持者、というか現状の野党を支持する気になる要素がないというか。